料金に関して

料金はすべて「税別」表記となっています。

お支払に関して

各種クレジットカードにも対応しております。
※クレジットカードは自費治療のみ対象となります。保険治療ではご利用出来ません。

VISA/JCB/MasterCard/DinersClubCard/AmericanExpress

医療費控除のご案内

治療の内容によっては「医療費控除」が適用されることもあります。

メニュー

  • 詰め物
  • 被せ物
  • コア・支台
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 成人矯正
  • 小児歯科

詰め物

ジルコニアインレー

長所

  • 審美性に大変優れている
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーの心配なし

短所

  • 極度の衝撃で割れることがある
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥60,000

e-maxインレー

長所

  • 自然の歯に近く、変色しにくい
  • 金属アレルギーの心配なし
  • 耐久性がある

短所

  • 稀に割れてしまうことがある
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥50,000

被せ物

オールセラミックスクラウン

長所

  • 審美性・耐久性ともに大変優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • ほぼ変色しにくい
  • 清潔感が高くプラークがつきにくい

短所

  • 極度に強い衝撃で割れることがある
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥100,000

ジルコニアクラウン

長所

  • 審美性、耐久性共に優れている
  • プラスチックと異なり水分を吸収しないため、変色しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

短所

  • 極度に強い衝撃で割れることがある
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥80,000

e-maxクラウン

長所

  • 自然の歯に近く、変色しにくい
  • 金属アレルギーの心配なし
  • 耐久性がある

短所

  • 稀に割れてしまうことがある
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥60,000

コア・支台

ファイバーコア

特徴

  • 柔軟性がある
  • 審美性に優れている
  • 酸化しにくい
  • 金属アレルギーの心配なし
  • 歯に近い硬さである
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥10,000

入れ歯

金属床

総入れ歯
部分入れ歯

長所

  • 極めて薄く軽い
  • 金属アレルギーが出にくい
  • 顎になじみやすい
  • 食物の温度を伝えやすい

短所

  • 価格が高い
  • 金属色
価格 審美性 耐久性 体への優しさ
¥200,000

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

長所

  • 金属のバネがないので自然
  • ピッタリ密着して装着感が良い

短所

  • 修理ができない場合が多い
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
2歯まで:¥60,000
3歯以上:¥100,000

ノンクラスプデンチャー+金属床

長所

  • 見た目が良い
  • 壊れにくい
  • 外れにくい

短所

  • なし
価格(1本) 審美性 耐久性 体への優しさ
¥300,000

インプラント

長所

  • 長期安定が期待できる
  • 入れ歯と比べ審美性が高い
  • 自分の歯のように噛みやすい

短所

  • 外科処置が必要となる
インプラント相談 画像1 ¥5,000
インプラント埋入手術
(アバットメント・上部構造含む)
画像2 ¥400,000

矯正歯科

内容 料金
初診相談料
初診ならびに矯正相談
口腔内診査し、矯正相談を
お受けします。
当院の患者様『無料』
※その他の患者様 ¥3,000
検査診断料
精密検査の結果を元に、現在の「問題点/治療法/治療期間/治療」にかかる費用などを詳しくご説明し、納得頂いてから治療計画を決定します。 ¥30,000

成人矯正

本格矯正 内容 料金
マルチブラケット
上下の表側に矯正装置を
装着します。
¥700,000
マウスピース矯正
透明のマウスピース型矯正装置です。見た目は付けているのがほとんどわかりにくいです。 ¥800,000

※再診料は ¥5,000です。

小児矯正

本格矯正 内容 料金
マルチブラケット
乳歯から永久歯に生え替わる、
成長期に行う矯正治療
¥400,000

※装置代は料金内ですが、度重なる破損・紛失の場合は別途代金を頂きます。矯正治療代に、補綴装置、外科処置料は含まれていません。

※再診料は ¥3,000です。

医療費控除のご案内

医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。例えば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)、寝たきり時のおむつ代などすべてを1年間分加算して申告できます。
ポイントは「美容」のための支出ではなく、「健康維持」のための支出だということです。
歯科においては、金やポーセレンをつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるものはOK。
インプラントも対象となります。
対象期間はその年の1月1日から12月31日までに支払った医療費です。

医療費控除対象金額

医療費総額から補填保険金を引き、そこから「10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)

医療費控除額の計算方法

その年中に支払った医療費ー保険金などで補填される金額=A(控除医療費) A(控除医療費)ー10万円または所得金額の5%(どちらか少ない額)=医療費控除額(再考200万円)
  • 補填保険金とは
    1. 社会保険などから支給を受ける医療費、出産育児一時金など
    2. 医療費の補填を目的として事故の加害者から支払われる損害賠償金や生命保険契約などの医療保険金、医療費給付金など
  • 医療費控除により軽減される税額は、その人に適用される税率により異なります。

手続き

一般の給与所得者は「還付申告」(3/15以降もOK)、それ以外の人は「確定申告」。
確定申告の期間中でなくても可能ですし、忘れていた場合も5年間までさかのぼって申請することができます。医療費控除に関して簡潔にご説明しましたが、詳細は税務署へお問い合わせください。
計算式がいろいろ出てきて面倒な感じがしますが、やってみると意外に簡単ですよ。