当院では親知らずの抜歯の専門家である、
口腔外科「指導医」「認定医」が在籍し、
大学病院レベルでの対応を行っております。

他院で大学病院を紹介された難症例であっても
対応可能です。

初めに

当院のドクター陣は、年間数百本以上の親知らずの抜歯を行っており、抜歯が非常に困難なケースも含め、あらゆるタイプの抜歯に対応しております。
また、当院には口腔外科指導医・認定医も在籍しておりますので「他院で難しい」と言われる症例でも対応することが可能になっています。

CT(三次元立体画像撮影装置)による事前の診査診断

当院には精密な診査診断を可能とする「CT」を導入しておりますので、三次元の画像が得られます。一般的に利用されている「二次元」レントゲンと比べしっかり位置関係を把握することができます。したがって、抜歯の難易度を的確に把握し適切な診断処置を行うことが可能になります。

※CTの活用は症例によって判断します。保険適用の場合と自費となる場合があります。

親知らずを抜歯する基準

親知らずは何が何でも抜かなくてはいけないわけではありません。親知らずを残しておくことで、将来、入れ歯やブリッジの土台として使ったり、どこかの歯がだめになった時に親知らずを移植できるメリットもありますので。また、欧米人のようにお口が大きくて、上下の親知らずがしっかり噛み合っている場合は全く抜く必要がありません。しかし、日本人の口の大きさから考えると、定員5人の車に6人で無理やり乗っているかのごとく無理やり生えてきている親知らずがほとんどです。そのため、その親知らずが原因で虫歯ができたり、周囲の歯肉が腫れて痛くなったり、現在問題はなくても周りの歯に悪影響を及ぼしそうな場合は抜いたほうがいいと判断します。患者様によって様々な状況が考えられますので、まずは歯科医師と相談の上、現状把握、そして 親知らずを残しておいた場合の利点と欠点を理解することをお勧めいたします。

親知らずの抜歯症例のご紹介

水平埋伏歯

水平埋伏歯とは、横向きに生えている歯を指します。通常通りにまっすぐ生えている歯よりも抜歯が難しい状態です。水平埋伏歯を抜歯するためには、歯茎を切開してめくりあげ、歯の頭の部分と骨の 一部分を削り取り、分割しながら抜歯していきます。

戦略的抜歯

戦略的抜歯とは、親知らずの存在が、今後の中長期的視点で考えた際、問題が生じることが明白な場合は、その問題が生じる前に抜歯を行いましょうという考え方です。
例えば、親知らずが原因でブラッシングがしっかりできない部分が生じている場合。顎関節に近く、将来的に顎関節症を引き起こす可能性がある場合などなど。

親知らずQ&A

右の親知らずを抜いたら、左の親知らずも抜かないといけませんか?
よく右の親知らずを抜いたら、左右でバランスが崩れるから左の親知らずも抜かなくてはいけないでしょうか?と質問されますが、全くそんなことはありません。
同様に上の親知らずを抜いたからといって、すぐに下の親知らずを抜く必要はありません。
親知らずが生えてきたせいで手前の歯がおされ、歯並びが悪くなるって本当?
昔は、こういったことが本や一部の歯科医の間で言われていましたが、現在多くの論文やレポートで、親知らずのせいで他の歯並びがかわることはないと報告されています。
抜歯の費用はいくらくらいかかりますか?
親知らずの抜歯は、保険の範囲内で行えます。費用は抜歯の難易度によって大きくかわります。 通常の抜歯であれば、お薬代を含んで1000円〜2000円ですが、横に向いて埋まっている親知らず だと5000円近くなります。
親知らずの移植は行っていますか?
行っております。ただし、移植する親知らずと移植される側の歯根の形態や状態などの条件によって可能かどうかが決まります。
どんな親知らずでも抜歯しますか?
全体の98%は抜歯しますが、以下の場合のみ大学病院等の専門機関にご紹介させて頂いております。

(1)心臓病や重度の糖尿病などの全身的なリスクが非常に高い方(通常の高血圧などは問題ありません)
(2)極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
(3)親知らずを抜歯する際、神経や血管を損傷する可能性が非常に高い場合