本当に歯を残すことができないと判断して初めて、
インプラントが治療の選択肢に入ってきます。

当院ではインプラントを希望して来院する患者様すべてに
インプラント治療を行うわけではありません。

なぜならば、実際に検査診断をしてみると
多くの歯が歯周病治療、根管治療といった基本治療で
残すことができるケースが予想以上に多いためです。

基本治療をしても残すことができない時こそ、
インプラント治療を1つの選択肢として考えるべきではないでしょうか。

インプラント担当医からのメッセージ

最近では、「このような医院でインプラントをすれば安心」などの指針が出ています。
衛生管理がしっかりしている、CT撮影を行っているなど。これはあくまで1つの指針です。
どのような機材・治療法などを取り入れたとしても、オペを行うドクターの技術・経験、そして「想い」が不足していれば、本当に安全なインプラントはできないと私は考えます。しかし、この部分を事前に知ることは非常に難しいのが現実です。○○○の資格を持っている、○○○に留学して勉強をしてきた…なども1つの参考情報とはなりますが、あくまで参考にしかなりません。
では、どうすればいいのでしょう?
非常に原始的ですが、「直接ドクターと話す機会を設け、そのドクターの人間性を知る」ことしかないのかなと思います。インプラントはすべてにおいて最高の治療ではありません。デメリットも存在しますし、ケースによっては入れ歯・ブリッジの方が適切な場合もあります。また、患者様の経済事情、好みなどにより治療法は変わってきます。患者様のお口の状態や体の状態、そして何よりも患者様の希望をしっかり把握した上で、どのような選択肢があるのか、そしてどのようなメリット・デメリットが存在するのかを患者様が納得するまでしっかりと説明し、最終的には患者様に判断して頂く。
この姿勢があるかどうかが「信頼できる医院」の1つの基準だと思います。

また、冒頭にも記載しましたが、当院では「インプラント治療はどうしても歯を残すことができない 場合の1つの選択肢」と考えています。つまり、「残すことができる歯」であれば、患者様の意向を 伺い、可能な限り歯を残す方向で治療を進めていきます。
最近では、「インプラントを強く勧められた・・・・」「歯を残してほしいのに『抜歯をしてインプラントにしましょう』と言われた・・・・」などの声をよく聞きます。
歯をどうしても残すことができない場合であれば、そのような提案も1つかもしれません。
しかし、そのような努力なしに、すぐにインプラントを提案する姿勢、そしてインプラント治療だけを強く勧めるのは医療人としていかがなものかと思います。
歯は1つの「臓器」です。簡単に取り除いていいものではありません。
当院では1本1本の歯の大切さを常に考え、まずは「残す」方向ですべてを考えていきます。

インプラント~「安全さ」を優先します

当院で実施しているインプラントの特徴は、期段階での「診査診断」に特徴があります。
何事もそうですが、初めの段階で躓いてしまうと、その後もリカバリーは難しいものです。これはインプラント治療も同様です。ましてや、対象が「人」となりますので、失敗は決して許されません。そのため、慎重に慎重を期して、事前の情報収集、それに基づく診査診断、そして治療計画の立案が大切となります。

患者様の身体の状態を把握、事前の診査診断、綿密な治療計画の策定→安全なインプラント治療

以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。
しかし、そのようなあいまいなものに頼るのではなく、「しっかりした診査診断」に基づいたオペが大切です。それを実現するための当院の体制や、その他の特徴をご紹介します。

CT撮影・シミュレーションソフトの活用

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかったこと、分からなかったことが、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティを高めることが可能となります。
また、このCTデータをシミュレーションソフト(ノーベルガイド)に取り込むことで、今までは歯茎を切開してみなければ分らなかったことが手術前に確認することができます。これが事前に分かることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。どの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまで、どのサイズのインプラントを埋入するだとか、ここには神経、血管が走っているので避けてインプラントを埋入しようなどです。

以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。しかし、CTやシミ ュレーションソフトを活用することで、「経験や勘」といったあいまいなものに頼るのではなく、「データ」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上することになっています。

世界のドクターから支持を得ている「インプラントメーカーの利用」

straumann
NobelBiocare

当院では、「ノーベルバイオケア社のインプラントシステム」と、「ストローマン社のインプラントシ ステム」を利用しています。どちらも世界のドクターから信頼されているインプラントシステムです。
イプラントメーカーは全世界で200社、日本国内でも30社存在するといわれています。
それぞれには互換性が無く、治療実績、手術方法、価格、保障、安全性に違いがあります。
全てを考慮した上で安心して患者様に提供できるインプラントメーカーは正直それほど多くはありません。当院で採用しているインプラントメーカーは自信を持って患者様にお勧めできます。

可能な限り長く利用して頂くための「フォロー体制」

長期間、定期検診を放置してしまうと、、、 治療後、インプラントを長持ちさせるために大切なことは「術後のメンテナンス」です。特に、インプラン ト周囲炎という病気に注意を払わなければなりません。インプラント周囲炎は、歯周病と同じく、歯周病原性細菌によって起こる病気です。症状は歯周病と類似していますが、見た目の炎症や腫れがあまりないにもかかわらず、病気の進行速度が天然歯に比べ10~20倍と非常に速いことが特徴です。
当院では科学的根拠に基いた当院オリジナルのメンテナンスシステムを構築しております。
具体的には、各種口腔内検査から導き出した内容に基づいた、患者様オリジナルのメンテナンスプログラムの作成、予防処置効果の検証など、あなたの歯を守るための一歩進んだ歯科治療を実施します。

コラム~インプラント治療は「他の歯を守る」


インプラント治療というと、「歯を失った場合の1つの選択肢」というイメージがあると思います。決して 間違いではありませんが、歯科医師の立場から皆様にお伝えしたいことは、インプラント治療は「お口の健康維持(=予防処置)」に通ずるということです。
歯を失った場合の選択肢として「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。
入れ歯の場合、入れ歯を安定させるために金属のバネを他の健康な歯にひっかける必要がありますので、入れ歯の状態によっては健康な歯に負担をかけてしまうこともあります。また、ブリッジの場合も他の健康な歯を支台とする必要があり、咀嚼の度に健康な歯へ過度の負担がかかることで、負担がない場合と比べ、寿命が短くなる可能性があります。
しかし、インプラントの場合は他の健康な歯に負担をかけることはありません。つまり「他の健康な歯を守る」という意味で、インプラントは予防処置といえます。また最近は、物をしっかり噛むことで脳に新鮮な血液が行き渡り「痴呆症の予防」になるという研究結果が出ています。この意味からもインプラントは「自立した人生を送る」ための予防処置と言えます。